もっとカラダのことを知ろう

2017年08月09日 23:28

竹谷さんの本はリファレンス的な目的で買ってしまう。
堂城さんの「自転車の教科書」みたいにおもしろくって読みふけるってことはないんだけど。

この本ではペダリングの基礎練習メソッドについて説明しているパートに惹かれた。
実際にやってみたらふだん心がけていることと通じる部分があってびっくりした。
自分がやっていたアプローチとは違うが、狙いは結局同じじゃないかと思った。

ただ、全体には「薄いかな~」という感じ。超初心者向けの読み物というところか。別にくさしているわけではない。ターゲットの読者層がそういう人であろう、というだけのこと。ぱらぱら立ち読みして、ハッと気になるところがいくつかあった、という人は買えばいい。そういうタイプの本。



自転車関係の本はレース指向の人向けがほとんどなので、書店で手に取ることはあってもほとんど買わない。
代わりに気になるのは古武術とか武道寄りのもの。
合気道は前から気になっているのだが、田舎の書店で目にするのは型(でいいのか?)を解説した入門書が多く、それならYoutubeで動画をあさるほうがおもしろい。
合気道の型そのものよりは、そのベースとなっているカラダの使い方とか原理的なものに興味があるからだ。

つい先日たまたま見つけた動画がおもしろくて、その中で言及される「岡本先生」のことを探してみたら、岡本正剛という達人の方らしいというのがわかって、買ってみたのがこの本。

たまたま寄った本屋に、たまたま(新刊でもないのに)岡本氏の技を分析した本があったという幸運。


武道未経験者がこういうことをいうのもアレだが、多彩な技の説明みたいなのを期待して買うとたぶんがっかりする。
というのも技の根本はひとつで、それを多角的に解析しようと試みた本だからだ。

読み応えがあると感じる人と、ぜんぜん感じない人が極端に別れるんじゃなかろうか。
個人的にはわりとおもしろかった。
仮説を立てていろいろ検証していくのが好きなタイプの人ならたぶんお薦め。
即使える解答や事例集がほしい人にはまったく不向きであるといっとく。

ちなみに、きっかけになった動画はこちら。

[もっとカラダのことを知ろう]の続きを読む
スポンサーサイト

40km/hの世界が見えてきた

2017年08月07日 20:33

台風の影響で吹く強めの東風に乗って、軽く回しながら43km/hを達成。

スピードそのものは追い風のおかげではあるが、心拍数が133bpmとすごくゆとりがあった(最大心拍の80%ぐらい)のが印象的だった。

登坂練習しているときは90~92%ぐらいをめやすに一定ペースを心がけているので、それに比べるとはるかに楽。

住宅地に差し掛かったところでやむなくペースを落としたが、感覚としては延々走り続けられそうな気がした。
必死で走ってないので、周りの状況に目を配る余裕もある。
少し前まではいろいろ条件を整えないと突破できなかった40km/hの世界が、かなり身近になってきた感じだ。



復路は向かい風に逆らいながらアウター×トップでゆるゆる回して帰宅。
とにかく踏まない、筋力を使わないというポリシーを守り、足裏から感じるタイミングのずれや力の掛かり方に注意を払いつつ回す。

Stravaログ

最近の感触としては、一時陰を潜めていたハムストリングの張りがまた現れるようになっている。
アップストロークでさらに脚が振れるようになっていて、これまで使えていなかったところが刺激されているのだと思う。

ただ、股関節の外旋に関してはまだまだ不充分なので開脚ストレッチの比重を増やしているところ。

ダメなカラダには、ジャックナイフストレッチじゃ足りない

2017年08月04日 21:28

立位からの前屈はかなり深くできるようになったのだけれど、座位での開脚は見た目70度ぐらいしか開かない。
前屈なんてまったくムリ。

股関節というか太腿が外旋した状態だと、臀部の筋肉が完全に縮みきって骨盤が完全に後傾してしまうらしい。

ついでにいうと外転も苦手で、自転車に乗るときサドルをまたぐというより、自転車を極端に傾けないといけないので、非常にみっともない。


乗車姿勢だと骨盤を後傾させずにおじぎ乗りしているつもりだが、外旋している状態で後傾ということは、ひょっとしたら正しく骨盤を起こせているわけではなく、どこかでムリをさせている可能性も排除できない。


[ダメなカラダには、ジャックナイフストレッチじゃ足りない]の続きを読む

かわったこと、わかったこと

2017年06月30日 22:49

最近、足の裏が柔らかい気がする。
逆に、脛や脹ら脛からくるぶしの辺りまで、なんとなく張っている感じがする。
あとちょっとでぐいーんと伸びてくれそうなんだが、その一歩手前で停滞中みたいな感じ。

あと、右肩のごりごりが急激に薄れてほとんど感じられなくなってきている。




久しぶりにマーカーコーンを使って基礎練習してみたが、一年前はまったくできなかった1.2m間隔での超低速スラロームをなんとか走れるようになっていた(たまにリアで踏んづけるけど)。

マーカーコンが平べったいので、実質的な間隔は1mぐらい。
ドマーネ 52サイズのホイールベース(100.3cm)とほぼ同じだ。

ハンドルをこじらず、荷重移動からセルフステアをうまく使って切り返しができるようになってきている気がする。


ターンインでどうやってアクションを起こすのかいろいろトライ中。

腰の動き→サドル荷重でいくのか
ハンドル操作で逆位相からセルフステアを誘発するのか
頭や肩から入るのか
ブレーキリリースをきっかけにするのか

これらの速度域による使い分けはあるのか

などなど。

個人的にはすごく面白いテーマなのだが、自転車関係ではあまり気にされていないのかこういうことを論じたブログはあまり見かけたことがない。
探し方が悪いのか?

あと、ブレーキの使い方(特にリア)とか、ハンドルへの荷重方法(方向)で旋回力を高める方法はないのか、とか探求したいテーマがいろいろ。

手放しで喜べること

2017年06月11日 23:03

例によって一定ペースで淡々と合瀬耳納峠を登ったら、先々週更新した自己記録をさらに1分41秒短縮した。

年齢別(55歳~64歳)だと1位らしいが、これはまあ55歳になりたてなのであまり意味はない。
体重別(65~74kg)だと13位だし、相対的にもそんなに速いわけではない。

ただ、ペダリングは確実に改善されている時間がある。

というのも・・・

[手放しで喜べること]の続きを読む


最近の記事

オンラインアルバム