D90の先に何がある?

2008年08月28日 22:29

アクセス解析を見ていたら、ニコンのドメインからの訪問が一件記録されていました。
D90についてのブログ検索経由で来訪されたようです。やはり世間の評判が気になるのでしょう。


ところで、ワタシはビデオのほうは疎いんですが、いろいろ情報をあさっていると「Red One」というカメラシステムが、かなり話題を集めているのがわかりました。

といっても、日本ではなぜかそれほどでもなく、逆に海外では大注目のようです。

生半可な知識でうかつにコメントするのは危険ですが、どうも日本の大手メーカーがハイビジョンカムコーダーに入れ込んでいるのを尻目に、それよりはるかにデカイ35mmシネフィルムサイズのデータをどばどば吐き出すお化けみたいなシステムをベンチャー企業が作ったらしい。

※このあたりはこちらの記事がわかりやすいようです。


で、従来のシネカメラよりもはるかにローコストで制作体制が組めるようになったらしいのですが、D90は極端にいえばこれをさらに個人レベルにまで引きずり下ろしてしまうようなものかもしれません。


[D90の先に何がある?]の続きを読む
スポンサーサイト

シネカメラ

2008年08月28日 10:32

単純にセンサーのサイズでいうと、こういうので撮っていたのと同じような画が、D90を使うことでアマにも撮れるようになりそうだ、ということです。

こちらのコンテンツを読むと、ニコンも同じようなことを考えているんじゃないかなあと思えてきます。

D90はコンベンショナルなSLRのフォルムを踏襲していますが、いずれまったく違う形に変化していくでしょう。


D90で映像作品制作をはじめた学生が大人になるころには、ニコン製のシネカメラとレンズがずらりなんてことになるかも。

D90の二面性

2008年08月28日 00:13

このブログでは、カメラ機材そのものの話はなるべく控えるつもりでしたが、D90の動画機能についてのさかもとさんのコメントを消してしまったようなので、製品についての個人的な感想を書いておきます。

2ちゃんねるをざっと読んだところでもすでに言及されていましたが、これはパパママが子供を撮るようなカムコーダーではなく、作品制作用のシネカメラに近いモノだとワタシは考えます。

[D90の二面性]の続きを読む

DCニッコール再入門

2008年08月22日 17:38

ケンコーのデジタル接写リングセットをアウトレットで入手したので、DC 105mmにつけてテスト撮影してみました。

古式ゆかしいニコン純正品とは違い、AEとAFが使えてさらにExif情報で絞り値が記録されるのは助かります。

DCニッコールは絞り値によってデフォーカス効果が変わるので、絞り値が記録されることであがりのチェックが大幅に楽になりました。

ついでにストロボライティングの練習も兼ねてSB-800を使ってみましたが、デフォーカスのコントロールとライティングと露出の3つをいちどに考える能力がないので、うっかり露出補正をしないまま撮影。

下の写真はどちらもPhotoShopでリサイズしたあと露光量を補正し、スマートシャープをかけています。

DCニッコール+接写リングで花 1
DCニッコール+接写リングで花 1 posted by (C)Gizmo
これはデフォーカスを効かせすぎたようです。


DCニッコール+接写リングで花 2
DCニッコール+接写リングで花 2 posted by (C)Gizmo
こちらは確か絞り値に合わせてR側にセットしたもの。

コントロールすべき要素が多すぎて、なにをどう設定したのか記憶があいまいです。

ヘボですが上達への決意を込めて掲載。お目汚し多謝。

誘惑

2008年08月21日 10:14

デジカメWatchの実写レポートを見ていると、24MPixelのFX機が欲しくなってきます。

あぶない、あぶない・・・。

とりあえずDCを使いこなせるようにならないといけないのですが。

ケンコーのデジタル接写リングセットが届いたので、しばらくこれで修行します。


最近の記事

オンラインアルバム