菜の花とキャンコとウッドガスストーブ

2013年09月28日 20:46

一時期、かなりはまっていたウッドガスストーブ製作だが、燃焼効率アップのため二次吸気を強化すると炎が高くあがりすぎるという問題があって放擲状態。

ストーブ本体はコンパクトにできても、ゴトクや風防のほうがそうはいかず、バックパッキング用途という目的を考えると小型化するのがむずかしく自作の意味が薄いと感じたから。

また自作ストーブの実験結果をみても、あちこち上がっているウッドガスストーブの動画を見ても、煙が少ないという点では完全燃焼に近くはなるものの、タールの発生が多くてポットが真っ黒になるのは避けられないと感じたので、バックパッキング用の実用品としての興味は薄れていった。



ところがつい先日になって、Solo Stoveというのが発売されているのを発見。気づくのが遅いといわれそうだが、どうもこちらが自作を諦めたころに日本でも取り扱われるようになったようだ。


コレってもろBushbuddy Stoveなのだが、本家の製作者がいなくなっちゃって後を引き継いだみたいな説明をどこかで見かけたような気がする。

Bushbuddyと大きく違うのは、実売価格がぐーんとダウンしているところでざっと2/3ぐらいか?
おまけにAmazonで手軽に買えるようになっている。ユーザーのコメントも多いこと。




さて、なんでいまさらコイツに注目するのかというと、安定した熱量を確保できそうな燃料が思いがけないかたちで見つかったから。
[菜の花とキャンコとウッドガスストーブ]の続きを読む
スポンサーサイト

意外なところがダメだった

2013年09月09日 23:57

IPFの自転車用ライト X-Force Compactのバッテリインジケータが点灯したので電池交換しようとしたら、なんと本体側に切ってあるねじ山がまるごとモゲた。

慌てて保証書を探したが見あたらん。つい先日までパッケージをとっておいたんだが、迂闊に処分してしまったか・・・。

おかげで、わしもメゲた。

画像が荒れているのは、破損箇所が判りやすいようにトーンカーブをむりやりいじっているため。ご容赦を。

xforce_compact_broken1.jpg

破損箇所を中心にクロップしてみた。
xforce_compact_broken2.jpg

【続報】
スコッチの強力接着剤プラスチック用で補修。一日おいて、バッテリーを入れてみたが、電池室のバネに負けて20分ほどではがれてしまった・・・。走行中の脱落を考えると、とても使えたもんじゃないので買い換え決定。

肩肘張って生きていた!?

2013年09月05日 23:40

どうも右カーブが苦手、というか八の字を走ると右旋回のほうが直径でざっと30cmぐらいは大回りになってしまう。

どうしたものかと悩んでいたが、先日ストレッチをやっているとき、右腕が引けないのに気がついた。握り拳を作って腰だめから後へ引いていくと左の方は意識しなくてもスムーズに引けているのに、右のほうはすぐに肘の上あたりが張ってくるので、拳の位置が腰の横あたりで自然に止まっているのだ。

これが原因か、と思い少し入念にストレッチしてみたら張りがとれて、意外と簡単に動くようになった。
[肩肘張って生きていた!?]の続きを読む


最近の記事

オンラインアルバム