基礎レッスンで荷重とフォームのチェック

2016年06月30日 23:45

バイクコントロールと荷重についていろいろググっていたらおもしろいブログ記事がヒット。
和訳『ステムの長さは、どのように自転車のステアリングとハンドリングに影響するのだろう?』

海外サイトの記事を和訳したもので、オリジナル版はCyclingtipsというサイトのコンテンツだ。

掲載されている図を見ると、ステム長100mmでだいたいブラケットがフロントハブの上に位置するようになっていて、どうやらこのあたりが望ましいもよう。

ただし具体的にどういいのかについては明快ではない。前輪の接地点よりも手の荷重位置が手前(=ステムが短い)だったり、逆に荷重位置が遠すぎる(=ステムが長すぎる)とハンドリングが曖昧になるといった書き方なので、逆に考えるとダイレクト感が増すという理解でいいのだろうか?

なにはともあれ、今回のセッティング変更はあながち的外れでもなかったようなので(ということにしといて)、久しぶりに基礎的なバイクコントロールからやり直すことにした。

なにぶん田舎なもんで、こういうレッスンが受けられるところを知らないので、自分で試行錯誤するしかない。
[基礎レッスンで荷重とフォームのチェック]の続きを読む
スポンサーサイト

届いた!

2016年06月30日 23:23

背中で手を組むポーズ。

右腕上+左腕下はすでに中手指関節あたりまで届くようになっていたが、右腕下+左腕上だと指先のタッチすらできない・・・、という状況からついに脱却!!!!!
とうとう指先が触れるようになった。


といっても、先に右腕を入念にセットしておかないとダメなんだけどね。

でも、届くようになったのも事実。


ジャックナイフストレッチも効果覿面で、臀筋とハムストリングの上部(臀筋に近い側)はかなり伸びたので、現在はハムストリングの下側(膝に近い側)と、右ふくらはぎに重点が移っている。

これで、本格的に背中を使ったペダリングの練習にとりかかれるぞ。


まずはぐるぐる八の字とスラロームをしっかりこなして、背中をもっともっと柔らかくしよう。

初心者向けサイクリングでうきは市周回

2016年06月28日 13:25

ショップ主催の初心者向けサイクリングに参加。
旧浮羽郡の平野部を中心に約50kmのライド。

奇跡的に当日一日だけ晴れたのがうそみたい。

久々にGit2を使ったら、リモコンのバッテリーが切れていたり操作音を勘違いして使い方を間違ったりで、けっこう撮り損なってしまった。

背で感じる・・・

2016年06月14日 11:55

八の字ややまめの二輪駆動で1時間ほど朝練やったら、背中が張りまくり。
しかも、ちゃんと動いているつもりだった左肩(肩胛骨は剥がれている)の下あたりが、これまでにないほど疲れてる。

背中の筋肉、どれだけ使えてなかったのかと・・・。orz


ま、ポジション調整はネライ通りだったということにしときますか。


追記

こいつを背中にあてがって、ちょっとの間横になったら一気にほぐれた。

スペックCへアップデート

2016年06月11日 19:52

ここんところ考えていたことをもとに、約1年ぶりにハンドルとステムを換装。
ブレーキとシフターのケーブル取り回しを最適化してもらうので、ついでにブレーキキャリパー自体もアルテグラ(BR-6800)にアップグレードした。正直言っていまのところあまり必要性感じないのだが、もっとスピードアップをめざすからこそ安全もおろそかにしないぞという決意を込めて。
28Cまで使えるBR-5800にもちょっと惹かれたが、本格的なグラベルライドの機会はあまりなさそうなので、コントロール性重視で。



余談はさておき、今回換装したのは、
ハンドル
コントロールテック Fuego CS / リーチ 76mm  ドロップ 130mm c-c 400mm

フィジーク Cyrano R5 Snake / リーチ 85mm   ドロップ 140mm c-c 420mm
フィジーク シラノ R5 ドロップハンドル スネーク 420mm

フィジーク シラノ R5 ハンドルバー スネーク 420mm

ステム
TNI Black 17 / -17° 120mm

フィジーク Cyrano R5 / -7° 130mm
フィジーク シラノ R5 ステム 130mm

130mmのステムは一般的にはかなり長く感じるのかもしれないが、実はドマーネ購入時にセットされていたのは、ハンドルのリーチが100mm、ステム長90mmだったので計190mm。

それに対して今回のセットは85mm+130mmなので、トータルでは25mmほどしか伸びていない。
おじぎ乗りを参考にしているからといって、やたらとステムが伸びるわけではないのだ(サドルが後退しているからね)。



ネライをまとめると・・・、

1. 背筋を伸ばし、背中全体の筋肉を使えるフォーム
2. 勾配に応じた重心位置の調整しやすさ
3. 呼吸が楽、かつ肩胛骨周りを自由に動かせるハンドルセッティング
4. 視界と呼吸を妨げない、ほどよい前傾

といったところ。

[スペックCへアップデート]の続きを読む


最近の記事

オンラインアルバム