京滋身体操法研究会の動画

2016年09月05日 21:40

ここのところ、走行中に使う筋肉や使えていない(堅くて張りがある)筋肉を観察しながら同時にほぐしていく走りながらのストレッチみたいなことを重点的にやっている。
さらに日常生活の中でも空き時間には頻繁にダイナミックストレッチをやったり、結跏趺坐(蓮華座)が組めるようにオフィスチェアの上で作業しながら長時間脚を組んだりもする。

おかげでだんだんと動きも軽くなり、可動域も増えていて、ライド中急にハムストリングの張りが消えたり、胸鎖関節が動くようになるといった経験も味わった。
また、ハムストリングがより伸びるようになったおかげで、左足だけペダルの荷重を強く感じる原因というか遠因になっていたのもよく判ったし、肩周りが細かく動くようになったことでバイクコントロールもうまくなりそうだ。

カラダが少し動くようになったことで、次は動くようになったカラダをどう動かすのがよいのかというフェイズに視点が移りつつあり、去年の今頃見まくっていた京滋身体操法研究会の動画をもういちどチェック。
いちど観た内容だが、いろいろ新しい発見がある。

指導に当たっている高橋先生は、古武術では甲野さんの弟子筋なので甲野式のカラダの使い方を独自視点で解説してくれるし、松村氏の骨ストレッチについても時折触れてくれるので、一石二鳥。

チェック中に新しい動画も追加されていてさらに参考になった。

今後さらに見直すときのために、自分用のインデックスを作っておく。

※動画の内容は自転車を対象としたものではなく、あくまでカラダを上手に使い効率的に力を発揮するためのヒントである。
[京滋身体操法研究会の動画]の続きを読む
スポンサーサイト


最近の記事

オンラインアルバム