Wayfinderの使い方 - Lesson#2 その1

2009年11月29日 21:56

The Almost Complete Guide to Creating Menus in MODx using Wayfinderの拾い読みをメモ。
(自分なりの補足も加えてあるので注意)

Chapter 3 Lesson #2


Lesson #2の概要

行アイテム(メニュー項目)の出力
Lesson #1で作った&outerTplの中に、メニュー項目を出力する


関連するプレースホルダ/変数ほか
&rowTpl
&rowClass
&textOfLinks
[+wf.link+]
[+wf.lintext+]
&titleOfLinks
[+wf.title+]

まず、メニュー名となる行アイテム=<li>要素を出力するためのテンプレート(チャンク)を作成する。

メニューアイテムへのリンクの設定方法
[+wf.link+]プレースホルダ
メニューアイテムからドキュメントを呼び出すためのリンク先(URI)を指定するには[+wf.link]プレースホルダを使用する。

<li><a href="[+wf.link+]"></a></li>


[+wf.link+]の部分にリンクのアドレスが挿入される。

リンクタイトルの記述方法
<a>要素のタイトル属性を指定するには[+wf.title+]プレースホルダを使用する。

<li><a title="[+wf.title]"></a></li>


[+wf.title+]の部分にリンクのタイトルが挿入される。



&titleOfLinksパラメータ
[+wf.title+]プレースホルダに出力する文字列を指定するパラメータ。
つまり、&titleOfLinksの値を、テンプレート内の[+wf.title+]の位置に挿入する。

&titleOfLinksパラメータの指定は省略可能で、その場合、MODx文書のpagetitleの値が自動的に受け渡されて[+wf.title+]に挿入される。

しかし、&titleOfLinksを指定することでpagetitle以外のドキュメント情報もタイトル属性として出力可能となる。

&titleOfLinksで利用可能なドキュメント情報
id / menutitle / pagetitle(デフォルト) /introtext / menuindex /published / hidemenu / parent / isfolder / description / alias / longtitle / type / template

メニューのtitle属性としてドキュメントのロングタイトルを使用する場合のスニペットコールの記述例

[[Wayfinder? &startID=`0` &outerTpl=`menuContainer` &outerClass=`navigation` &titleOfLinks=`longtitle`]]


下線部分を記述することでドキュメントのロングタイトルがtitle属性として使用される。


[+wf.linktext+]プレースホルダ
実際のメニュー項目として表示されるテキスト(「HOME」など)を出力するためのプレースホルダ。テンプレート内の<a>要素内に記述する。

<li><a>[+wf.linktext+]</a></li>



&textOfLinks パラメータ
[+wf.linktext+]プレースホルダに出力する文字列を指定するパラメータ。
つまり、&titleOfLinksの値を、テンプレート内の[+wf.linktext+]の位置に挿入する。この値がメニューの項目名となる。

&textOfLinksパラメータの指定は省略可能で、その場合、MODx文書のmenutitleの値が自動的に受け渡されて[+wf.linktext+]に挿入される。

しかし、&textOfLinksを指定することでmenutitle以外のドキュメント情報もメニュー項目として出力可能となる。

メニューの項目名としてドキュメントの説明(description)を使用する場合のスニペットコールの記述例

[[Wayfinder? &startID=`0` &outerTpl=`menuContainer` &outerClass=`navigation` &titleOfLinks=`longtitle` &textOfLinks=`description`]]


下線部分を記述することでドキュメントの説明(description)がリンクテキスト=メニュー名として使用される。

&textOfLinksで利用可能なドキュメント情報
pagetitle / id / introtext/ menuindex / description / hidemenu / parent /isfolder / published / alias / longtitle / type /template

※↑この部分ドキュメントを読んだだけではよくわからない


以上の要素をまとめて記述する

<li><a href="[+wf.link+]" title="[+wf.title+]">[+wf.linktext+]<a></li>



これが1件分のメニューアイテムを出力するための基本的なテンプレートとなる。



以上が、Lesson #2の前半部分(p18~24)のおおまかな内容です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/184-1baabae8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム