Re:Cycle

2012年10月25日 12:05

春からウォーキングやってるんだが、上半身の筋肉をもっと使いたくなって、ガレージでホコリを被っていたMTBの再生を決断。

友達のサイクルショップに頼んで、タイヤとワイヤー類を交換してもらった。
このショップではTREKがお奨めらしくて、傘下のBONTRAGERというブランドのタイヤがついてきた。

tyre.jpg
リムが汚いんで、もうちょっとキレイにしてやらんといかんなあ。制動能力にも影響しそうだ。


前は街中のチョイ乗りしかしてなかったが、今回はフィットネスバイクとして使うので、キャメルバックのボトルとケージも購入。でも毎日バルブ洗浄はめんどいので、キャメルバックは遠乗り用にとっておいて、日常用はナルゲン500ml。
ボトル単体だとぐらつくが、保温カバーがあればぴったりフィットする。
bottlecage.jpg
ボトルだけだと呑みづらいときがあるので、いずれティップタップが欲しい。




ついでにスマホを載っけようと思い、ホルダーをAMAZONで購入。



アクセサリホルダーを介して、ライトとスマホ用ホルダーをマウント。ホルダー部の幅は100mmなので、ライトとスマホが干渉しないか気になったが、どうやら問題ないもよう。

ハンドルバーの直径(基部)が1インチだったのでアクセサリホルダーはミノウラのSGS-400 STD(スタンダードサイズ)を購入。直径を調整するための樹脂製シムが2サイズ付属してた。
accmount.jpg


スマートフォン用ホルダーは同じくミノウラのiH-400STD。

最初は、クルマで使っているリヒターに揃えようかと思ったのだが、リヒターのサイクルマウント単体(ホルダーは別)よりもこちらのほうが安いので決定。

アクセサリホルダーもスマホ用ホルダーもクイックリリースタイプがあるようだが、丸ごと持って行かれそうなのでオーソドックスな固定型。

今後も少しモディファイの予定。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/406-40586bac
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム