橋から橋まで走っていた

2014年05月04日 23:46

連休中に2回ぐらい遠出ができるかなとそろばんを弾いていたが、仕事が入って目論見は霧散。

しかし、春のうちにどうしても100kmという距離は刻んでおきたいと思い、ひと走りしてきた。


目的地は大川市と佐賀県諸富町をつなぐ筑後川昇開橋。国鉄佐賀線の鉄橋として架けられ、現在は国指定の重要文化財となっている。


筑後川沿いに下っていく平坦というか微妙に下り基調のコースなので片道50kmとはいってもそう難しくはないはず、と期待してのチョイスだ。
なにしろ初めての距離なので、交通量に左右されず安全に走れるように筑後川サイクリングロードを使うことにした。
朝7時過ぎに出発。筑後川へ出て恵蘇宿橋付近からサイクリングロードへ入り、ペースを抑え気味に淡々と走行。

時折止まっては写真を撮るが、午後から曇りという予報が出ているせいか、ヌケが悪くて遠方はいまひとつくっきりしない。こういうときLightroomは補正が簡単でいい。
サイクリングロードから耳納連山

途中、例によって心拍センサーの不調などもありつつ、40分ほどで大城橋に到着。
大城橋

軽く一息入れたところで再スタートするが、ここから先のサイクリングロードは未体験ゾーンだ。
最初のうちは、さすが久留米市、整備ができていると感心していたがだんだんと草ボウボウになり、路面に砂の浮いた箇所も増えて、結局うきは側と大差はなかった。
草丈が高くカーブの先が見えないところも多いので慎重にならざるを得ず、結局あまり楽しめない。

ところどころで写真を撮りながらの走行。これは大城橋のすぐ先、巨瀬川を渡るところ。
巨瀬川

中干出公園やゆめタウンの裏を通過し、リバーサイドパークでは練習に向かうスポーツクラブの皆さんを避けるように走行。

8時35分頃に、いちおうの終点である瀬の下へ到着。
瀨の下

道は続いているようなのでそのまま先へ進むが、ここからは小さな虫にたびたびまとわりつかれて口の中や眼に飛び込みそうになる。
筑後大堰のそばまで行って写真を撮った後は、土手を上って一般道へ。
筑後大堰


天建寺橋を渡って右岸に出たあとはときどきiPhoneでマップを確認しながらの走行。
天建寺橋


その後もできるだけペースを守りながら川沿いに走って行くと、あっさりと昇開橋に到着。
昇開橋諸富町側

しかし、光の具合がいまいちでいい写真が撮れそうにないので、たもとの公園をくるっと一回りしたあと早々に退散。
道の駅の人に、自転車の通行について聞いてみたが押し歩きもダメということなので、いったん戻って左岸の大川市側へ回る。

こちらのほうがいくぶん具合がいいし、距離も近いのでヌケのいい写真が撮れそうだ。
昇開橋大川市側

昇開橋大川市側

大川市側は筑後若津という駅の後らしいが、歩道に敷かれたレール風の模様や踏切風オブジェ(?)がなんか変。
若津駅跡
線路ってこんなに急に曲がってないような気がするし、踏切も線路を横切る形になってないか?
これは実際のレイアウトを再現したのだろうか?


片道50kmは達成したので、ここから反転遡上して帰路につく。

途中、久留米の水天宮に参拝し、サイクリングロードを大城橋まで走ったあとは、お気に入りの耳納北麓ルートへ入って、途中新しいコースの確認をしながら帰宅。

水天宮では、小さい子供にじいちゃんが手水の作法をしっかり説明していて感心した。
水天宮


鎮西橋の歩行者自転車専用橋から巨瀬川と耳納連山の眺め。
鎮西橋歩道橋


善導寺町島 地区から見た耳納連山。
耳納連山


大橋町で確認した新ルートにて。
連休の最中だというのに、どうどうと道の真ん中で写真が撮れるほど交通量はない。
ここからいつものコースのロングストレートへつながるので便利。
入り口となる交差点は、SNACK織姫のところ、というかLAWSONと鯛焼き屋さんの間。入るとすぐに「ほたるとコスモスの町作り」みたいな看板があるのですぐわかる。
大橋町国道南側

島から巨瀬川沿いに川崎橋へ抜けるルートは巨瀬川沿いの眺めが気持ちいいが、ちょっと路地をくねくねするのがいやならこちらのほうがお薦め。ただ、この大城橋~耳納の里ルート全体に言えることだが、遮るものがなく直射日光を浴びる夏の午後などはちょっと避けたい。早朝なら爽快だろう。



結局、最終的な走行距離は104kmほど。
ぬるーく走ったので、いつものように上りで腰が張ることもなく、膝、足首、肩なども異常なし。
脚のだるさが残ったが、これもすぐに解消した。

山苞の駅分岐手前にて


一休みしたあと、夕方からバイクの手入れ。
リアタイヤが少しすり減ってフラットになってきたので、前後をローテーション。
新しいホイールでのタイヤ交換は初めてだが、純正ホイールに比べるとちょっと感触が違う気が。リムがチューブレス対応のせいだろうか?

ついでにドライブトレーンも掃除して終了。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/498-dfdc6a51
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム