林道クライムでポジションチェック

2014年06月08日 01:10

原鶴から杷木の大手山農業公園へとつながる林道米の山線は、2012年の九州北部豪雨で土砂崩れに遭い、通行止めが続いていたが、ようやく復旧したという情報をキャッチ。
雨もなさそうなので、ポジション修正(コラムスペーサー全抜き)後、初の本格的な上りコースにチャレンジ。



栗山大膳ゆかりという言い伝えのクスノキの前を通り、高山ヒルクライムと同じコースで上りはじめたあと、途中で分岐して、堂所~米山へと続く約5km少々の上り。いちおうのゴールとなる農業公園入り口はStrava.comによると標高433mぐらいのはずだが、MapMyRide.comでは133mになっている。このあたり、やっぱりいい加減だよなあ。

スタート地点との標高差は396m、平均勾配は7%(Strava.com)
ワークアウトのログを見ると、斜度30%越えのところがたびたびあって、まあそれはGPS精度の問題だろうと思うのだが、MapMyRide.comのエレベーションチャートでは平均斜度17%とか20%という区間がある。
標高にしろ、いろいろと表示がいい加減だから、ホントかよというのが正直なところだが。
スタート直後からしばらく急斜面が続くので、34×30Tでくるくる回し、そのあと来る短い下りセクションのあとは34×27Tで一定ペースを心がける。ペースは遅いが、結局立ち漕ぎは使わずに43分かけて登り切った。平均速度は7.8km/h。
VAM588で、最大心拍も155bpmまでしか行っていない。

去年チャレンジしたとき、土砂が崩落していた場所は、路肩部分が展望台っぽくなっている。
たぶん今後は舗装されるんじゃないかという気配。
西側には志波の谷が見える。正面は麻氐良山かな?
林道米の山線復旧箇所

農業公園の駐車場にて。写真ではいまいちだが、肉眼だとうきは市側の合所ダムや藤波ダムがよくわかる。
大手山農業公園

短時間休憩したあとさらに林道を上り松末(ますえ)側に下りるつもりだったのだが、まさかの全面通行止め。急遽予定変更して黒松~宮園へ。
林道分岐点

この下りがとんでもない道で、10%オーバーの斜度が延々続く。
路面の状態は良好で道幅も広いのだが、落石が多く、エッジが尖っているのでまたまたバーストの恐怖におののきながらのろのろと這うように下る。

黒松地区あたりからは規模は小さいが棚田も見られるようになる。
さらに少し下った宮園地区でようやく斜度が落ち着いてきたので一時停止して撮影。
宮園地区棚田

高木神社のあじさいがきれいだったのでしばらく休憩。
高木神社のあじさい

志波から上ってきた県道588号と合流したあとそのまま道なりに黒川、疣目(いぼめ)と緩いダウンヒルを楽しみながら通過。田植えが終わったばかりの水田がきれい。
このあたりはホタルの名所でもあるので、ぜひ夜に訪れたいところ。

県道509号へ出たらあとは長~いダウンヒルで寺内ダムを目指す。

ダム湖畔で撮影&レストタイム。
寺内ダム湖畔

水の文化村から美奈宜の杜を通過したら、秋月カントリークラブ横の道を下り、国道386号バイパスに出てお決まりのスピードトライアルの後、久しぶりに南淋寺へ廻って山田から三連水車の里コースで帰宅。


特に疲れも痛みもなく、快適なサイクリングだった。
スペーサーを抜いてハンドル位置が下がったため、以前に比べるとドロップを長時間持ったときに手首が疲れやすくなっているのだが、これは想定の範囲内。
スペーサーを抜いた上で前のポジションのバランスにどれだけ近づけられるかという点ではかなりいい線まで行ったと思う。当分はこのセッティングで乗って、問題がなければ、あとはもういちどステムを伸ばすとかして微調整するつもり。
チラチラとチェーンの動きに視線を落としていると、以前のようにコマがはっきり見える瞬間は減ってきているので、右足首の動きはかなり改善されてきたようだ。





ワークアウトログへのリンク。リンク先ページで"View Route Full Screen"をクリックすると、詳しいエレベーションチャートが表示されます。

Create Maps or search from 80 million at MapMyRide
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/511-a25db1e3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム