チグハグだけども速かった

2014年06月30日 22:42

昨日のペダリングチェックの様子を振り返ってみる。

ペダリングの違和感がどこから来るのか確認したくて、いろいろ漕ぎ方を変えながら走行。

あらためて簡単にイメージで説明すると、左の脚がスパッと切れ味よく落ちていくのに対して、右はクランクの軌跡にそってじわーっと押していかないと廻らない感じだ。

原因がさっぱり思い当たらないので、とりあえず左脚はペダルに載せてなすがままにした状態で、右脚だけにパワーを込めてぐるんぐるん回していたら、あっさり30km/hを突破した。
あらためてStrava.comのログで推定パワー値を見ると瞬間的には300wを越えている。

さらに乗り方を変えて、以前から考えている「3つの振り子を連続させる動き」で両脚を回してみたら、こんどは瞬間的にだが37.8km/を記録。いままで平坦路でこんな速度出したことがないという未踏の領域。このときは推定値283Wを記録。

ちなみに、心拍センサーは不調で代理店へ返送しているので、心拍数については不明だが、息はまったくあがっていない。というか、あまりの意外さに走りながら大笑いしていた。

とにかく分かるのは、左脚は回転の邪魔をしていないようだ、というくらい。



その後あらためて体のチェックをしていると、左半身の特に腰から下がふにゃふにゃなくらいに柔らかくて、動きが軽くなっているのに気がついた。膝を脱力させてみると、左の方へがくんと崩れるように体が沈む。一方右は、足首が突っ張って膝の位置が落ちないので、結果からだ全体が左下がりになる。

また、肩甲骨周辺も左の方がわずかに動きが軽い。余談だが首は昔から左のほうが右よりよく廻る(なので、右へ振り返っての後方確認がしんどい)。

全体に左半身と右半身が別人みたいで気持ち悪い状態。ここらへんが積み重なってペダリングに現れているのか?
スポンサーサイト


コメント

  1. のすけもん@inflaenza | URL | .rEgMis2

    Re:チグハグだけども速かった

    自分も上半身の右半分に筋肉量が寄ってしまってますね
    バランスが悪いです、肩こりとかも右にしかでない
    どっちかが硬いとかはないんですけど、これの直し方がよーわからんのです
    多分右利きなのが原因なんだとは思うんですけど
    左手メインで生活するのはイライラしますし・・・w

    あと自分も左足の方がペダリング下手くそですね
    これはペダリングで練習するよりも、足でものを掴んで神経を
    発達させたりするのもありな気がします

    じゃあ左手もがんばれよって話ですけども。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/523-519abfc7
この記事へのトラックバック


最近の記事

オンラインアルバム