現状確認

2015年04月19日 19:35

自転車の教科書 身体の使い方編がamazonから到着。
ざっと通読したところで、特に目についた部分を、現状確認の意味で書き殴ってみる。

※書評のつもりはまったくないので悪しからず

P.24 脱力したペダリングはストレッチである

ペダリングってPNFストレッチ的な効果があるんじゃないか、みたいなことはこのブログで以前書いたことがあるが、間違ってなかったかな、と。

P.65 片足立ちで軸を感じ取る
病院の待ち時間などでシェイプアップのつもりでよく片足立ち屈伸してたのが意外に役に立っているかも。


P.67 オフロードで片足を外してコーナリングするときは~
これはよくわからん。
オートレースのコーナリング中って内脚を前に軽く伸ばしているイメージがあるのだが、あんな感じなのか?


P.87 11時過ぎから1時ぐらいの間にパワーが出ているペダリング
「振り子」をやり始めて以降、徐々にこんな感じになってきているとちょうど思い始めたところだった。
masayanさんのブログにある「玉乗り」が実際に起きてる感じがする。


P.94 ハンドルはギュッと握って乗る
以前から、masayanさんがハンドルの握り方について述べていたが、正直ピンと来てなくて、足の動きに重点を置いていたことものあって、先送りしてた。
要は「ガッチリ掴んで乗る」ではないってことかな?


P.101 ~102 「ハンドルはしっかり握っていても、腕は自由に動かすことができる」
古いリジッドフォークのMTBで初歩のトライアルごっこやってたのがよかったかも。


P.106 DHバーの持ち方をドロップハンドルに応用
ブラケットの握り方で思いついたことがあるので、今後ちょっと試す。ステム選びに関係の可能性大。


P.124 コーナリングはサドルとハンドルに荷重を感じながら行うのが正解
BBのドロップが大きいドマーネでペダルが地面をこすらないように注意しながらもなるべく早めにトラクションを掛けられるように、ということである程度スピードの乗るコーナーではスキーのテレマーク姿勢を参考にしている。自然とリーンアウト姿勢で、コーナー内側の腕を伸ばし気味になる。これも図らずも、いい方向に向かっていた感じ。


P.125 ブレーキングに見えない荷重移動を利用する
前作を読んでから1-7時のポジションでの急制動とその他の位置(11-5時で踏ん張る姿勢だったかな?)での急制動を比較したことがあるが、なぜ1-7時だと安定するのかまでは理解できてなかった。


P.129 「回転の軸」の動作で呼吸ができる
「振り子の調律」をやりはじめてから、まず脚の動き優先で腰の振り子や骨盤ローリングは封印しているのだが、このパートを読んだら、むしろ積極的に上体を回転させながらの調律のほうがいい(手っ取り早い)のではと思えてきた。
呼吸が深くなるのは息が上がりやすいのではなく、むしろ楽に呼吸しているということなのか・・・。


P.131 左右に動かしながら車体を傾けることが~
「振り子」で上半身の動きを加えると、自然にそうなってくるはず。


P.138 クランクⅠ回転で鋭い加速が可能
加速方法については動画で知っていたが、実際にやってみるとうまくいかなかった。ほんの瞬間的(1/4回転ぐらい?)は加速しても、半回転する頃には止まっちゃって伸びない。
上の振り子がなじんできた頃から、少し判るようになった気がする。


P.147 下りの姿勢の正解は~
サドルの荷重はすなわちトラクション。サドルからはみ出すほど腰を引くと、後輪の荷重が抜けてリフトしやすくなるだけ。
一般に「腰を引く」のは、結局浮き上がる後輪を膝のバネで吸収して押さえ込むのが前転しないコツということなのだと思うが、それよりもトラクション確保が先決。もちろんおじぎの深さに合わせて重心を調整する分だけは「腰を引く」。



とりあえずこんなとこかな。

ハンドルとステムを換える前にまずは第2弾をじっくり読んでからということで先送りしている最中なのだが、かなり役立てられると思う。



最後に、本書でいちばん印象に残ったこと

P.184 編者の内田さんへの謝辞
新刊の情報が流れはじめたときから、編者の名前が併記されているのを珍しいなと思っていたのだが、そういうことであったのか、と・・・。どうせなら表紙に名前を入れてあげればよかったのにと思うが、ご本人が固辞されたのかな?


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/601-27d7472d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム