ロング ステディ スタンディング

2015年06月21日 22:03

今日はステム交換で姿勢や荷重位置がずれていないかチェック。
ブラケットを人差し指だけで押さえて走ったりしながら脚の具合を見ているとやっぱり左の動きがぎこちない。
手の荷重が減った分、脚のおかしなところが強調されたのかもしれない。

そこで、急遽サイクリングロードへ向かい、ひたすら立ち漕ぎでどこまで走れるか試すことにした。

恵蘇宿橋の西で筑後川サイクリングロードへ下りて、そこから約14kmをいちども座らず立ち漕ぎ。
途中水たまりを避けて草地へ入るときにギアを落とした以外はずっと52×12T。

大城橋のグラウンドで小休止して、昨日修正したばかりの左のクリートを再調整したあとは帰りもひたすら立ち漕ぎ。
さすがに疲れてきて脚を止めることが多くなったが結局サイクリングロードに入ったポイントまで走りきった。

#サイクリング #cycling #筑後川 #fukuoka #kyushu #japan #trek #domanegengen68…9@gmail.com68…9@gmail.com

hyperdrivecruiserさん(@gizmo_s16)が投稿した写真 -


大城橋グラウンドにて休憩中の図


自作の家紋ステッカー。貼って10ヶ月ぐらい経つがまだまだきれい。




帰り路に、農作業かなにかの軽トラックと離合するためにいちどだけ停止したが、それ以外は完全にノンストップ。
もちろん帰りもずーっと52×12T。

ギアが重いかっていうとぜんぜんそういうことはなく、むしろ軽い方が回転があがって疲れると思う。


「腰の振り子」が左右均等でなかったり、脚の伸び感じが左右で違っていたり、クランク2時のあたりで一瞬左脚が引っかかり気味なのがわかったりと、いろいろおもしろかった。

最初のうちは相当ぎこちなかったが、走っているうちに徐々に修正されて、特に、折り返し点でクリートを調整してからは少しましになったと思う。

ペースはだいたい20~21km/hぐらいだったが、腰がある位置に来ると急に脚が回って25~26km/hぐらいまで加速するのもおもしろかった。残念ながらそのポジションをキープするのが難しく長続きしないのだが。

立ち漕ぎでハンドルを押すのとバイクを傾ける動きがわりとシンクロしてきたようで、以前よりも滑らかに振れている感じもする。
立ち漕ぎ中の心拍数はだいたい130~135bpmあたりだった。



あ、あとサイクリングロードを抜けてサドルに腰を下ろした瞬間の異物感がすさまじかった・・・。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/621-ad90d866
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム