FC2ブログ

1分33秒

自転車
05 /07 2016
前傾を深くした上でハンドルへの荷重を増やせるようにすれば走りやすくなるのではという前回の思いつきをもとに、これまで仰角にセットしていたブラケットを逆に俯角にしてみたら、山苞の道(約6km)の自己記録を1分33秒更新。
心拍数はさほど上がらず、立ち漕ぎの時間をこれまでより維持できるようになったようだ。

ほんの一週間前に記録更新したばかりなので、明らかにポジション修正の効果だろう。
また、先日のサドル高を上げてのテストライド(こちらは平坦路のみ)よりも、大腿四頭筋の疲れが明確に少ない。

ただし、代償としてブレーキング時の手首への負荷が大幅に増えたのと、低速八の字練習で小回りが効かなくなったので、しばらくはブラケットが水平のセッティングで乗ることにする。

それと、このセッティング(フォーム)は腰回りの筋肉を直撃する。
筋力がある程度付いてきたら、ハンドルとステムを再度交換するつもり。

ハンドルに前への荷重を掛けつつ、手首への負担を軽減できれば、さらにペースアップできるはず。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Gizmo

Gizmoというハンドルはパソコン通信(Nifty-Serve)時代から使っています。
映画「グレムリン」、アニメ「マッハGoGoGo」のギズモ号、マレイ・ラインスターのSF小説「ガス状生物ギズモ」などとは関係ありません。:-p