週一回で自己記録更新

2017年05月20日 10:07

だいたい週一回のペースで、合瀬耳納峠へ登っている。

36×17T ギア比2.11でムリせず登れる自信がついたので、途中の平坦またはゆるい下り区間を除いて基本的にギア固定。
踏み込まずに滑らかに廻すのをひたすら心がける。

下の画像は昨日のデータから、後半の樫ヶ平~峠までのセグメント情報を表示したもの。

距離5km 平均勾配5%の区間で自己記録を1分54秒更新した。

stravaanalyze20170519.png
これまでの記録は8日前に記録したので、約一週間で2分近く短縮したことになる。

実際の感覚では、左足に感じる「踏み込み感」が減っていて「廻る感じ」がより強くなってきた。

左右の回転バランスが徐々に少なくなってきているのだと思われる。
右と同じ感覚で回せるようになるとあとギア1枚かひょっとしたら2枚ぐらい上げて走れそうだ。

心拍数は最大161bpmなので、最大心拍数の95%。充分、ムリせず持続できる範囲。

いつも書いてる気がするが、カラダを柔軟にして脚をムリなく回すのが最大の目的なので絶対にがんばって踏んだりしないし、いまのところ立ち漕ぎも一切封印している。

ひらひらと軽やかに登れるにはほど遠いが、息もあがらず脚が張ったりつったりすることもなく淡々と登れるようにはなったのでとりあえずはよしとしよう。



アクティビティのスタートから約1時間で峠までたどりつけるようになったので、行動に余裕ができた。

そこで昨日は星野村椋谷へ向かうコースを初めて下り、県道52号へ戻って、合瀬耳納峠を久々に星野側から上ってみた。
途中、写真を撮るため何度か停まったので時間はかかったが、こちらも36x17Tで登り切れた。


最後に牛鳴峠越えで帰宅したので、約2時間30分のライドで獲得高度は930m。

太腿が疲れることはなかったが、右の中臀筋から腰のあたりがちょっと疲れたのは意外。
一晩明けて疲労がかなり残ると思っていたが、これがそうでもなかったのがさらに意外。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/722-10a7f561
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム