かわったこと、わかったこと

2017年06月30日 22:49

最近、足の裏が柔らかい気がする。
逆に、脛や脹ら脛からくるぶしの辺りまで、なんとなく張っている感じがする。
あとちょっとでぐいーんと伸びてくれそうなんだが、その一歩手前で停滞中みたいな感じ。

あと、右肩のごりごりが急激に薄れてほとんど感じられなくなってきている。




久しぶりにマーカーコーンを使って基礎練習してみたが、一年前はまったくできなかった1.2m間隔での超低速スラロームをなんとか走れるようになっていた(たまにリアで踏んづけるけど)。

マーカーコンが平べったいので、実質的な間隔は1mぐらい。
ドマーネ 52サイズのホイールベース(100.3cm)とほぼ同じだ。

ハンドルをこじらず、荷重移動からセルフステアをうまく使って切り返しができるようになってきている気がする。


ターンインでどうやってアクションを起こすのかいろいろトライ中。

腰の動き→サドル荷重でいくのか
ハンドル操作で逆位相からセルフステアを誘発するのか
頭や肩から入るのか
ブレーキリリースをきっかけにするのか

これらの速度域による使い分けはあるのか

などなど。

個人的にはすごく面白いテーマなのだが、自転車関係ではあまり気にされていないのかこういうことを論じたブログはあまり見かけたことがない。
探し方が悪いのか?

あと、ブレーキの使い方(特にリア)とか、ハンドルへの荷重方法(方向)で旋回力を高める方法はないのか、とか探求したいテーマがいろいろ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/726-b754049b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム