もっとカラダのことを知ろう

2017年08月09日 23:28

竹谷さんの本はリファレンス的な目的で買ってしまう。
堂城さんの「自転車の教科書」みたいにおもしろくって読みふけるってことはないんだけど。

この本ではペダリングの基礎練習メソッドについて説明しているパートに惹かれた。
実際にやってみたらふだん心がけていることと通じる部分があってびっくりした。
自分がやっていたアプローチとは違うが、狙いは結局同じじゃないかと思った。

ただ、全体には「薄いかな~」という感じ。超初心者向けの読み物というところか。別にくさしているわけではない。ターゲットの読者層がそういう人であろう、というだけのこと。ぱらぱら立ち読みして、ハッと気になるところがいくつかあった、という人は買えばいい。そういうタイプの本。



自転車関係の本はレース指向の人向けがほとんどなので、書店で手に取ることはあってもほとんど買わない。
代わりに気になるのは古武術とか武道寄りのもの。
合気道は前から気になっているのだが、田舎の書店で目にするのは型(でいいのか?)を解説した入門書が多く、それならYoutubeで動画をあさるほうがおもしろい。
合気道の型そのものよりは、そのベースとなっているカラダの使い方とか原理的なものに興味があるからだ。

つい先日たまたま見つけた動画がおもしろくて、その中で言及される「岡本先生」のことを探してみたら、岡本正剛という達人の方らしいというのがわかって、買ってみたのがこの本。

たまたま寄った本屋に、たまたま(新刊でもないのに)岡本氏の技を分析した本があったという幸運。


武道未経験者がこういうことをいうのもアレだが、多彩な技の説明みたいなのを期待して買うとたぶんがっかりする。
というのも技の根本はひとつで、それを多角的に解析しようと試みた本だからだ。

読み応えがあると感じる人と、ぜんぜん感じない人が極端に別れるんじゃなかろうか。
個人的にはわりとおもしろかった。
仮説を立てていろいろ検証していくのが好きなタイプの人ならたぶんお薦め。
即使える解答や事例集がほしい人にはまったく不向きであるといっとく。

ちなみに、きっかけになった動画はこちら。

先の岡本氏の本を買おうと決めた理由のひとつが、日野晃さんによる記事があったから。

日野さんについてはすでに本とDVDで予備知識があったので、そこを踏まえて読んだら理解に役立つんじゃないかと思った次第。

日野さんは胸骨操作というのを提唱されていて、武道以外にダンサーなどへの指導も行っている。
BMX出身で競輪選手の西岡拓朗という方は、日野さんのところに通っているらしい。
本文中に少しだけ登場するが、具体的にどんな練習をしているのかは言及されていないので、自転車向けとして直接参考になるところはなかった。
西岡選手の写真を見ると、まるでロードレース選手のような細い脚で、一般的な競輪選手のイメージとはかけ離れているのがおもしろい。


書籍のほうを去年の9月に買って、おもしろかったのであとからDVDも買った。



体幹はだいじだと思うのだが、ロードバイクの本に出てくるのは「体幹の鍛え方」ばかりで「体幹の使い方」についてはさっぱり論じられていない。宮澤崇史さんの本には「体幹を入れる」という言い回しが出てくるが、体幹が入っているとはどんな状態かは書いてあるのに、具体的にどうやって「入れる」のかさっぱりわからない。
ということで買ったのがこの本。
姿勢や呼吸で体幹の強さが変化するというのを説いている。


同時に買ったこちらは、逆に動きのエネルギーを高めるためのカラダの使い方、といったテーマだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/730-51a1f2d8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム