FC2ブログ

ANT+でのDireto接続設定

自転車
12 /14 2017
前回の記事でANT+接続に切り替えるまでの顛末をまとめたので、今回はその続き。 

ANT+での接続が無事にできたわけだが、接続設定にはちょっと面喰らった。
 センサー検索画面に表示されるリストが、BLE接続のときと違う!
Zwift スマートトレーナー接続画面

BLE接続のときは”DI53"という名前だったのに、ANT+接続にしてスマートトレーナーを検索したら"ELITE FE-C1410"と”Elite RealTrainer1410”の2機種が・・・、なんだコレ?

ちなみにショップ店長のところのDiretoは"DI111"という表示だったので"DI"のところが機種名で、数字部分は個体識別番号だと思っていた。

なのにANT+になると候補名そのものが違うとは。Zwift スマートトレーナー接続画面




で、どっちを使うかというとELITE FE-C1410のほう。
 
”Elite RealTrainer1410”を選んでみたら、ライド画面に入ってもアバターが反応しなかった。

あとでもういちど試してみたら、スマートトレーナーのところにシグナル無しの通知。
Zwift スマートトレーナーを接続できない場合 

パワーメーターの方はこんな感じ。ここでは3機種も出てくる。
ELITE PWR1410ELITE FE-C1410のどちらでも計測できるようだ。
Zwift パワーメーターの検出結果

ケイデンスセンサーに至っては4つも。
Speed/Cadence25709というのはボントレガーのDuoTrapだと思うが、ほかの3つはなんなのよ。
Zwift ケイデンスセンサーの検出結果
 
結局こんな感じで使っている。 
Zwift ANT+による接続結果 


あと不思議なのが・・・

ANT+で接続した瞬間にアイテムがアンロックされてELITE KIT(Eliteのジャージ)が選択できるようになった。
BLE接続のときはなにも起こらなかったのにどういうことだ!?



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Gizmo

Gizmoというハンドルはパソコン通信(Nifty-Serve)時代から使っています。
映画「グレムリン」、アニメ「マッハGoGoGo」のギズモ号、マレイ・ラインスターのSF小説「ガス状生物ギズモ」などとは関係ありません。:-p