FC2ブログ


スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ配信が急にできなくなって、でもできるようになった?話 (OBS Studioの設定)

2017年12月15日 19:56

ANT+でZwiftに接続できるようになったので、久しぶりにライブ配信の準備をしようとOBS Studioを起動したら、なぜかZwiftの画面をキャプチャできなくなっていた。

結局、別の設定で表示できるようにはなったようなので、途中のドタバタは省いて設定方法だけ書き残しておく。

OBS Studioのバージョンは20.1.3だ。


以前のテストでは「ウィンドウキャプチャ」を使わないとキャプチャできなかったのだが、今回結果的に「ゲームキャプチャ」でのキャプチャが可能になったので結果的にはよかったのかもしれない。

1. OBS Studioを管理者権限で起動する(前提条件・重要

2. ソースの追加で「ゲームキャプチャ」を選択する
OBS Studio ソースの登録 

3. 「ソースを作成/選択」ダイアログで新規作成
  名前は適当につけてよい
OBS Studio ソース名の指定 

4. 「モード」で特定のウィンドウをキャプチャを選択する
  「フルスクリーンアプリケーションをキャプチャ」でもいけるかもしれないが試していない。ライブ配信等の操作が必要なので個人的にはウィンドウモードの方が使いやすい。
OBS Studio ゲームキャプチャの指定 

5. 「ウィンドウ」ドロップダウンリストで"ZwiftApp.exe"を選ぶ
 うまくいけばこれだけでZwiftの画面をキャプチャできるようになる。
OBS Studio キャプチャ映像が現れる 
 ところが、これで作った設定をほかのシーン(OBS Studioの機能)で利用しようとしたらうまく表示できなかった。
 しかし、次の設定を使って結果的に表示できた。

6. 「マルチアダプターの互換性」チェックボックスをオンにする
OBS Studio マルチアダプターの互換性 

 以上で、Zwift画面をキャプチャできるようになると思うが、よく見ると、キャプチャしたウィンドウのサイズと実際の配信サイズが微妙に違っていて黒い枠が表示されてしまう。
OBS Studio キャプチャ画像の表示サイズ確認

 その時は、配信画面上を右クリックし、[変換]メニューから[画面に引き延ばして置く]を選択すると、配信画面サイズぴったりにフィットできる。
OBS Studio コンテクストメニューから[変換] 

OBS Studio キャプチャサイズの引き延ばし 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://flyingjunk.blog25.fc2.com/tb.php/751-4e6c9697
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    オンラインアルバム


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。