驚愕 仙腸関節ってこんな動きすんの?

2017年08月31日 22:44

仙腸関節の動きについては、ニューテーション/カウンターニューテーションしから知らなかったが、こんなふうに動いているとは驚き。本で得た知識だとほんの数ミリしか動かないとされていたんだが、動きとしてはかなりダイナミックやん・・・?



ライディングフォームやストレッチで骨盤を起こすとか寝かすとかいっているのは、たぶん寛骨の見かけ上の位置のことしか考えていないんじゃないか?
[驚愕 仙腸関節ってこんな動きすんの?]の続きを読む

縦にうねる

2017年08月26日 22:50

振り子走法のためのノート3では、ハンドルは押すと書いたんだけど、最近カラダが動くようになってきてちょっと感覚が変ってきているかもしれない。

以前は、「肩を前に出す」「手を引く」くらいのイメージしかなく、上体はまっすぐ保ったまま、腕や肩だけ動かして立ち漕ぎしていた。
それを、体幹を動かすことで左右を連動させるような動きにしてみたら、ずいぶん楽になる気がするのである。
[縦にうねる]の続きを読む

脱力ペダリングとダイエット

2017年08月20日 23:27

脱力ペダリングの練習では決して踏み込まないので、運動強度はさして高くない。
だいたい有酸素運動の領域内でやっているのでフィットネスにはお手頃といえる。

実際、やり始めるとしばらくの間は結構痩せる。

問題は、そのあと、ぱたっと停まることだ。

σ(^_^)の場合、80kg近かったのが71kgあたりまではすぐ落ちたが、その後停滞に陥って70kg前後で上下するようになった。
ある時期少々がんばっても、すぐにお盆が来たり正月が来たりでまた増えてしまうんである。


[脱力ペダリングとダイエット]の続きを読む

脱力ペダリングがピンとこないヒトに試してほしいこと

2017年08月19日 20:19

脱力ペダリングといわれても、どうもピンと来ない人のために、σ(^_^)が心がけていることを紹介してみたい。
ちなみに、これが「振り子走法」というネーミングの元にもなっている。



いろいろ理屈はあるのだが、実際にカラダを動かす上での大きなポイントは、膝関節を開くタイミングだ。

[脱力ペダリングがピンとこないヒトに試してほしいこと]の続きを読む

中高年ビギナーがまず注意すべきは、柔軟性と左右差

2017年08月18日 20:52

普段の生活に支障がなくても、それだけでカラダがちゃんとしているとはいえないというのを、サイクリングを始めてからの4年ほどの間、痛感してきた。

中年以降でスポーツサイクルに目覚めた方の中には、以前のσ(^_^)同様に、自分のカラダがどれくらいひどい状態か自覚していないひともいるかもしれないので、ごく個人的な経験の範囲内ではあるがアドバイスしておきたい。

ふだんデスクワークばかりでとくに運動してこなかった人は要注意だ。

これから述べるのは、速く走るトレーニングの前に、カラダがちゃんと動くかチェックし調整しようということだ。
σ(^_^)の経験からいってカラダの柔軟性があれば、平坦路で30km/hを維持して5分や10分走り続けるのは(かなりの向かい風でないかぎり)それほど難しくない。逆にかなりがんばらないと30km/hを維持できない、という人はカラダがどこかおかしいと思ってもらっていいと思う。




細かくいえばもっとあるのだろうが、とりあえず経験上特に気にしてきたところ(要するに個人的にひどかったところ)をピックアップしてみよう。
[中高年ビギナーがまず注意すべきは、柔軟性と左右差]の続きを読む


最近の記事

オンラインアルバム